初めて種を蒔いた人の物語

どうも、まだまだ狩猟生活してます徳野です。

僕はお肉が大好き!毎食お肉を食べても全然飽きません。だから、時代錯誤と言われようが、誰が何と言おうと狩猟生活です。京都は盆地だから周囲を山に囲まれ、シカもイノシシもすぐ狩れるぜ。何の不自由もありません。

野菜や果物、穀物なんかは食べたくなったときだけ探しに行けばいいと思っています。実際、その辺で拾ったり、農耕生活をしている友達に分けてもらえるので、何の問題もないのです。

それにしても、農耕生活をしているなんてバカだなぁと思います。だって、野菜を食べたって力は出ないし、お腹もすぐ空きます。その証拠に、少しのお肉でたくさんの野菜と交換してもらうことができます。狩猟生活サイコー。

 

ある秋、あまりに良い天気だったので、僕は桂方面へピクニックに出かけることにした。お昼になりお腹がすいた僕は、山に入り、シカを狩ってお昼ご飯にしました。

お肉でお腹いっぱいになった僕は、甘いものが欲しくなり、なんとなく柿が食べたくなりました。今思えば、その日が10月26日だったからなのかも知れません。

なぜかって?

10月26日は柿の日。正岡子規が「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」と詠んだといわれる日です。

そんなことを思いながら柿を探して歩いているとき、ふと山の斜面をみると、柿がたくさんなっているではありませんか。そのおおきく立派な柿を手に取り、食べてみると、、、

おいしい。すごくおいしい。

すぐに1つを平らげ、さあもうひとつと手を伸ばすとその手を誰かにはたかれました。

「この泥棒!」

そうです。この柿は、この人が育てたものだったのです。

僕はすぐに謝りましたが、もっと柿が欲しかったので、お昼の残りのお肉と柿を交換してもらいました。しかし、お肉は残り少なかったので、柿10個としか交換してもらえませんでした。10個だけだと5日もあれば食べきってしまうでしょう。

どうしようか。

また分けてもらおうか。いや、この柿が食べたくなるたびに桂までお肉を持ってくるのは大変だ。

他の柿で我慢しようか。いや、この柿を一度食べてしまったら、他の柿では満足出来ないだろう。

 

帰り道、うんうん悩みながら、そして柿を食べながら歩いていると、いいことを思いつきました。柿の種を口から吐き出した瞬間に、ピンとひらめいたのです。

「種を蒔いて、自分で柿を育てたらいいんだ。」

帰ると、さっそく種を土に埋めてみました。

翌春、芽を出したいくつかの苗木を、僕は大事に育てました。水をやったり肥料をあげたり。自分の柿を食べるのが楽しみです。

翌々春、柿の木は1mくらいにはなりましたが、まだまだ実をつけるには至りません。早くおいしい柿が食べたい。

8年後、やっと柿が実りました。しかし、あの桂の柿と比べると、実が小さいし、全然おいしくありません。悲しみ。

20年後、研究を重ね、あの柿の味に近いものができるようになりました。しかも、一人では食べきれないほどの量です。腐らすのはもったいないので、干し柿にしたり漬物にしたりして保存できるようにしました。これで、1年中柿を食べることができます。

 

狩猟生活ばかりだったときは、お肉の保存は難しく、狩りをしないと食べるものが何もないことがよくありましたが、柿を育ててみると、お腹が空けば、いつでも何か食べれるようになりました。作物を育てるのは難しく大変ではありますが、うまくできると安定して食糧を確保することができます。

 

「農耕生活も悪くないのう。」

 

END

酸っぱさの定量

[味の中和食定法]

今日は、酸っぱさを簡単に測定する方法をみなさんにお教えしたいと思います。ご自宅でも外出先でも簡単に測定できます。特別な器具は一切必要ありません。

 

まずは背景と原理から。

 

酸っぱさを定量的に評価することを考えるにあたり、今回僕が大事にしたことは

・簡便性

・新規性

の2点です。

 

また、僕は味についての知識が乏しかったので、はじめに少し調べておく必要がありました。調べた結果、味は、

甘味・酸味・塩味・苦味・旨味

の5つから構成されることがわかりました。

この5つの組み合わせや、痛みや温度や舌触りなどの刺激も加わって、5つ以外の辛みや渋みなどのすべての味覚が表せられるらしいです。

 

ここで、簡便性を達成するために、今回は基本の5つの味以外は無視することにしました。たとえば、レモン味は酸っぱさとレモンの香りが合わさった味ですが、今回は酸っぱさのみに注目する、といったようにです。

 

次に、新規性についてですが、0から発想するのは困難だと考え、既存の知見をもとに独自の方法を考案することにしました。

 そこで今回参考にしたのは、

 

「酸いも甘いも嚙分ける」

 

ということわざです。

このことわざから、酸性・アルカリ性と同様に、酸っぱさと甘さが表と裏の関係にあることがわかります。

さらに、ことわざは信頼できます。

 

以上のことから、甘さを利用して酸っぱさを定量的に噛み分ける方法を考案しました。

名付けて、「中和食定法」。

 

 

では、方法に移ります。

 

まず、酸っぱさを定量したいものを食べます。今はレモンを食べたとしましょう。

すると口の中が酸っぱくなります。

 

この状態で、甘いものを食べます。口の酸っぱさが和らぎますね。

 

甘いものを食べ進めていき、口の中の酸っぱさがちょうどなくなれば測定終了です。 

たとえば、おはぎ1つ→チョコレート2粒→みたらし団子1くし→飴玉1個

でちょうど酸っぱさがなくなれば、今食べたレモンの酸っぱさは「おはぎチョコチョコみたらし飴」です。正確で定量的なのがわかりますね。

 

注意すべき点は、甘さの異なる甘いものを数種類用意することと、一つ目に口にする甘いものは適度な甘さを選ぶことです。

 

甘いものを数種類用意していないと正確に酸っぱさを測定することはかないません。中和点付近は状態が不安定で、少しのミスで口の中が酸っぱいから甘いにジャンプしてしまうことがあるからです。ちょうど口の酸っぱさをなくならせるためには、適切な甘いものを選択しないとなりません。

 

一つ目に対象の酸っぱさを上回る甘いものを食べてしまうと取り返しがつきません。上皿天秤と同様の理由です。ある程度酸っぱさは予測しておくとよいでしょう。

 

以上のように、適切に食定を行えば、正確に酸っぱさを定量することができるでしょう。

 

 

最後に、味の中和食定法に関する、標準状態および標準状態変換について説明します。

 

標準状態の考え方は、酸っぱさを議論する上で非常に重要な考え方です。

 

同じレモンでも、食定する人が違えば値が異なります。「おはぎチョコチョコみたらし飴」のAさんもいれば「おはぎチョコ飴」のBさんもいます。同じ酸っぱさなのに、値だけ見るとまるで酸っぱさが異なるようにみえます。

 

これは、酸っぱさが正しく定量されていないのではなく、標準状態がAとBで異なっているだけです。このままでは酸っぱさをくらべることはできませんが、標準状態変換を行えば問題ありません。

 

食定に用いた甘いものの糖度を把握しておけば、標準状態のポテンシャルを絶対的に評価することができるので、あとは係数計算をするだけで標準状態変換をすることができます。

 

「おはぎチョコチョコみたらし飴」から標準状態Aのポテンシャルが13.2と計算できたとします。一方、「おはぎチョコ飴」から標準状態Bのポテンシャルは8.2と計算できたとします。そうすると、AからBへの標準状態変換は、係数8.2/13.2をかければよいと分かりますね。

 

 

味の中和食定法について詳しく説明してみましたが、どうでしたか?

興味を持たれた方は、ぜひ試してみてください。みなさんのレポートお待ちしています。

テレビと対話する人々

おはようございます。はじまりました、土曜の朝7時半は「〇〇な人々」の時間です。

今日のゲストは皆さんもご存じ、躍進目覚ましい建文塾の数学科を任されておられる、徳野先生です。では徳野先生、本日はよろしくお願いします。

 

『よろしく。』

 

さて、早速ですが本日のテーマに参りたいと思います。

本日のテーマは、、、「テレビと対話する人々」。なかなか奥が深そうなテーマですね。先週の「筋トレにはまる人々」に負けない反響が期待できそうですね。

徳野先生、まずこの「テレビと対話する」ことについてどう思われますか?

 

『そうだな。おそらく、世間一般では「テレビと対話する」「テレビに話しかける」ことは、恥ずかしいことであったり気持ち悪いことであると認識されているんじゃないかな。もしそうでなくても、普通ではないとみんな思ってるよね。』

 

ここでこの円グラフを見ていただきたいと思います。

当番組では事前に街頭インタビューを行いました。200人の方に「テレビに話しかける」ことは普通か否かを質問させていただき、その結果がこの円グラフです。

普通が16人、普通ではないが184人となっており、先ほど徳野先生がおっしゃられた通りの結果ですね。

 

『やはり、普通ではないという意見が大多数だね。しかし、ここまで普通と答える人が少ないとは。あと10人くらいはいてもいいかなと僕は考えていたので。』

 

と言いますと?

 

『普通ではないと答えた人の中にも、思わずテレビに話しかけてしまった経験が一度くらいはあるはずだからね。』

 

そうなんです。

バラエティー番組を見ているとき、芸人さんのボケに思わず突っ込んでしまい恥ずかしい思いをした。や、ニュース番組では、アナウンサーの言葉に知らずと相槌を打っていた。など、このような話は、インタビューで「テレビに話しかけるのは普通ではない」と答えた人からもたくさん出てきました。

徳野先生、これはどういうことなのでしょう?

 

『ひとつ確かなことは、テレビに話しかけることは「普通ではない」と多くの人が考えているけれど、「意味がわからない」という人は誰一人としていないということだね。』

 

たしかに。

 

『ではなぜ、テレビに話しかけることは「普通ではない」とされるのか。それは、ひとは決して一人では話すことはないと誰もが知っているから。生き物はみな、己のみで生きてはいない。他者の存在があっての自己。これに当てはまらない活動が「テレビと対話する」ということ。だから、テレビと対話する人はなんともシュールに見える。』

 

なるほど!そのシュールさが、恥ずかしさや気持ち悪さにつながるのですね。

 

『しかし、今後は「普通」と答える人が増えてくるのではと僕は考えているけどね。』

 

ほう、これは面白い意見が出ましたね。徳野先生の真意を聞かせてもらいましょう。

 

『理由は、現代社会にあるよ。

今、ネットがかなり普及し、他人と直接接する機会はどんどん少なくなっている。その反面、SNSはものすごい勢いで発達し、他人の存在をより身近に感じるようになっていっている。

するとどうなるか。一人でいても一人じゃなくなってくる。一人でテレビを見ていても、隣の誰かに話しかけるように言葉を発する。無意識にテレビに話しかけることが多くなる。』

 

もともと存在していたはずのシュールさがなくなるというわけですか。シュールさがなくなれば、今までテレビに話しかけることはあるが「普通ではない」と答えていた人も、「普通」と感じるようになるかもしれませんね。

 

『そう。実際、「普通」と答える人が今も少しだけれど存在するし、可能性はあるんじゃないかな。』

 

興味深いお話を聞かせていただきました。

日常の些細な疑問が、社会の現状を考察するひとつのてがかりになるとは思いもしませんでした。

徳野先生、今日はありがとうございました。

 

『僕も今日は楽しかったよ。』

 

では、本日はここまで。来週またお会いしましょう。

どんな学習計画を立てれば良い?

こんばんは,溝口です。

いつの間にか8月が終わり,気づけば写真でボケて企画はいつの間にか終わっておりました。

さて今月は「塾長でボケて」という新企画でございます。この企画のそもそもの始まりは,塾長の関がメモを取るだけで実行せずに,どんどんメモ書きが溜まっていき,どこに何を書いたのかわからなくなるという状態に端を発しております。

どうせ見返されず,それ以上考えられないメモなら他の人が続きを考えようということで,関がタイトルだけを考えてくれるので,講師がそのタイトルから思いついたことを記事にしてみようという企画であります。なので,ボケてなのかな・・・?いささか疑問に思いますが,とりあえず言い出したのは僕なので始めることにします。

 

学習計画ですが,「どんな」と言われるといろいろな回答の仕方がありそうで難しいですね。

どの教科でも同じようなことだと思いますが,いつも英語教えているので英語を例にとって説明しましょう。

僕が計画を立てる時は,

①語彙(単語・熟語)

②文法

③精読(英文和訳・構文)

④長文読解

⑤英作文

の5つの領域で計画を立てます。

 

① 語彙

これは受験日が来るその日まで繰り返しやるしかないので特に計画もないですが,毎日必ず単語帳を開くことが大切です。1日5単語でもいいから覚えていけばセンター試験までにあと600語ほどは覚えられます。

実は英語(古文もそうですが)の勉強のなかで,こうした地道な努力が最終的に合格へとつながっているのです。寝る前10分,余分に頑張ってみましょう。

 

さてここからが本題

②~⑤の文法,精読,長文,英作文

まずは現状の自分のレベルと次のステップ(受験生ならもう次のステップはセンターレベルですかね)の差を把握しましょう。最近の模試の結果があるならそれを利用しましょう。

差を把握したら,受験する大学によってやらないといけないことが様々あると思いますので,具体的には書きませんが,やらないといけない問題集を1冊決めてそれをいつまでに終わらせるのかを決めることです。

あとは期限までの残りの週数で問題数やページ数を割った数が,1週間でやらないといけない問題数やページ数になります。

おもむろに買って来た問題集を始めるのではなく,まずはゴールの設定から始めましょう。

 

それから,各教科の週当たりの問題数,ページ数が決まったところで週の時間割を組みます。塾や習い事に行っている時間を除いて,何曜日は何時間勉強できるかを考えます (寝る前の単語帳を見る時間も忘れずに)。出来れば土曜日か日曜日の昼間は予備の時間として勉強の予定は入れずに空けておくといいでしょう。出来なかった分はその時間に取り戻すように,問題なく進んでいればその時間は息抜きしてもいいと思います。

 

受験生はこれから分厚い問題集に手を出している時間はありません。自分の現状の課題にしっかりと向き合い,出来ないところを厚く,ある程度出来るところは忘れないように練習を繰り返すという形での計画を立てましょう。好きなこと・出来ることばかりやっていては上達しません。自分の苦手から逃げず,なるべく早い時期に克服を目指しましょう。もちろん最後まであきらめる必要はありません。

 

受験は自分との戦いです。甘やかさず,かといって追い込みすぎず,受験結果を見た時,過去の自分をほめてあげられるようなちょっと厳しめの計画を立ててみましょう。

 

 

 

----------

こんな感じでいいんですかね?

全くボケずに書いてみましたが・・・。

 

 

 

 

9月新企画!!

こんにちは。9月になりました。

 

熱心な読者の皆さまは、今か今かと更新を待ち望んでいるかと思いますが、

今月ももちろん新しい企画をご用意しておりますよ!

 

今月の企画はズバリ

「塾長でボケて!!」です。

関が普段から考えている真面目なことをタイトルにつけて下書き保存をしておくので、それをダシにみんなが全力でボケていくのです。

 

大好評企画「写真でボケて」で腕を磨いた先生方が辣腕を振るう新たな企画ですので、

皆さまご期待ください!

 

大丈夫かな…

 

ではでは、お楽しみに~

夏休みが始まりました(!?)

皆様初めまして 

今月から講師として参加することになりました栗林昌輝(くりばやしまさき)です

以後よろしくお願いします

 

このブログの過去ログを見てると「むっちゃ書いてるやん」と驚いてしまいました。

私自身文才はミドリムシの毛ほどしかないのできちんと書けるか心配になっています

 

 

少しばかり自己紹介をば

京都出身、現在大阪大学経済学部経済経営学科一回生。

好きなものはサブカル、ドクペと演劇、嫌いなものは理不尽な事と生トマト。

担当科目は数学、物理です。

数奇な運命で講師となりました。(その話はまた追々)

 

タイトルにある通り私の夏休みは昨日から始まりました。所属している劇団の公演が終わったからなのです。今回の公演ではW・シェイクスピアの「Othello」に取り組みました。シェイクスピアの作品と聞くと難しくて面白くなさそう、なんて思うかもしれません。しかし面白くもない作品が何百年も上演され続けると思いますか? 彼の作品は確かに台詞回しは古典的で、文化や風習が違いすぎて難解に思えるところもあります。しかし根幹にあるコンセプトは人類に普遍的に備わっていて、それ故に共感や嫌悪できる、現代人にもなるほどと納得できるような作品になっています。オセローの嫉妬、ハムレットの苦悩、どれも決して理解できない感情ではありません。食わず嫌いはやめて一度味わってみるのはいかがでしょうか。新たな世界が開けると思いますよ。

 

今日は少しだけ講師として、生徒さんたちの質問に答えたりしていました。嗚呼こんな問題中学の頃に解いてたなぁ、と少し懐かしい感じがしました。しかし今教えている子たちにとっては新しい知識であって新鮮なものなのだ、と考えると面白く思えてきました。今の自分にとって目新しいものは他の誰かにとって懐かしいものかもしれない、時の流れを感じますね。などと年寄りくさいことをいうのはやめて講師らしいことを書こうと思います。

皆さん元素記号を覚えるのに苦労した記憶はありませんか?よく語呂合わせで覚えたりしますよね。私もそのくちでした。そこでおすすめの歌があります。NHKの「エレメントハンター」という少し古いアニメがあります。そのEDテーマ「スイヘイリーベ~魔法の呪文~」ではなんと水素からレントゲニウムまで、そしてランタノイドアクチノイドまで登場します。この歌を覚えれば元素なんてへっちゃらです。ぜひ参考にしてくださいね。

 

ではではここらで私の初投稿の終わりとさせていただきます。(ボケての企画に取り組む時間がありませんでした、すみませんね)

名探偵カマキリと五つの怪事件

こんばんは!山田です。

タイトルは小学生の時、夏休みに通っていた塾の先生から読むように言われて、読んだ本の名前です。内容は忘れてしまいましたが、読んだことを思いだすとなんだかノスタルジックな気分になります。この本を読んだことは、夏休みと言われて浮かんでくる情景の一つです。建文塾でも小学生たちに様々な文章を読ませています。小さい時に本を読んだ経験は、本人の血となり肉となり、将来の大きな助けになることでしょう。

生徒諸君。どんな本でも構いません。一か月に最低一冊。がんばってみてはいかかでしょうか。

 

 

さて、昨日今日、私と溝口先生が少年時代に思い出をたくさん作った、祖父の持つ岐阜の田舎の家で研修旅行をしてきました。家は川沿いの道を上流にずっとのぼっていったところにあります。道中にいくつかあったキャンプ場では、夏休みの最終日曜ということもあり、多くの家族や若者達(本当に!)がいました。そんな光景を見て、岐阜で育った私はとても嬉しくなりました。岐阜、いいところですよ。

 

 

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828205914j:plain

家から見た庭

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828210047j:plain

庭から見た家

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828210131j:plain

前の写真の手前の水場にはイモリが5匹ほど元気に動き回っていました。

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828212541j:plain

家から徒歩20秒の景色。

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828212659j:plain

大阪生まれの徳徳(徳野徳山)コンビは川がお気に召した様子。

 

 

 

 

どうでしょう。なかなか風情がありませんか。

細田守サマーウォーズ」、スピッツ「田舎の生活」、ゲーム「ぼくの夏休み」などを彷彿させる世界観です。「田舎」の情景と言えば、ミレーの「晩鐘」や「落穂拾い」などの絵画が浮かんできますが、山と清流のつくるこれらの景色は日本的ですね。景色は違えど和洋の「田舎」で共通する部分があるとも思いますが。

そうした自然の中で一泊二日の時間を過ごし、リフレッシュできました。

シオカラトンボを素手でつかまえることが夢中になるほど楽しかったです。何度も逃げられましたが、その度に同じ場所に戻ってきた彼を捕まえたのは15回目くらいでしょうか。

 

 

 

参加メンバーは関、溝口、徳野、徳山、私の5人です。

行程を簡単に書きましょう。

朝、玉造校の前で集合し、徳山先生の運転で田舎の家へ(余談ですが溝口先生は集合時間に大幅に遅刻してきました。笑 その理由はなんと!パソコンで作業をするのに没頭していて気づいたら集合時間だった、とのこと。生徒諸君、2つの意味で教師にしてください)。

到着後、BBQ、温泉、BBQと遊びを満喫していると、気づけば21時半!

まずい、まずいぞ、まだ仕事をしていない!

 

そしてあわててやったことがご存じ、、、

 

 

昨晩の5人同時ボケです。笑 ボケの発想がかぶった二人が翌朝の朝食の準備というルールでやっていました。審議の結果、溝口先生と徳野先生が担当になりました。

 

そうして、ようやく塾の今後についてのミーティングを開催した次第です。

スイッチを切り替え、三時間弱にわたって真面目に話し合いました。京都校、玉造校、両校を発展させるための具体的な方策について、喧々諤々の議論をし、いくつかの決定を生みました。

その後は直ちに就寝。みなさん疲れをためていますゆえ。

 

翌朝、溝口先生が奮闘して(夜間に炭が水分を吸っていたため)作った火を頼りに、再度BBQ。その後、来た時よりもきれいにを心掛け、片付けをしました。

 

 

大切に管理している家を使わせてくれたじぃちゃん。私達が泊まる準備をしてくれていたことはもちろん、なにかと気にかけてくれました。その気にかけ具合は少々子供扱いされていると感じるほど。笑

 

帰り道、喫茶店に寄り、残った作業を素早く終えた後、京都へ帰り夕食(びっくりドンキー!肉ばっか!)。順次解散という流れでした。

 

私は徳野先生、徳山先生とは塾の授業の合間や終わった後に、一緒にご飯を食べるくらいでした。この研修旅行では、徳野先生が「料理長」とからかわれるほど料理が得意でめちゃくちゃうまいパエリアを作ってみせたことや、徳山先生が「徳山劇場」と言わんばかりに面白い話を怒涛に連発することなど、二人の新しい一面を見ることができました。

車の中でも話が絶えることはなかったです。おかげさまで有意義な二日間になりました。

 

明日からまた、塾の運営を講師一同心をこめてやらせていただく所存ですので、どうぞよろしくお願いします。

 

優秀な先生が揃っている本塾ですが、先生は他の先生の紹介で先生になった人たちばかりです。いろいろな縁によって集まった先生たちの、紹介した、されたの関係をまとめた相関図をつくりましたので、ぜひご覧ください。

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828223424p:plain

 

 

 

大学がいかに人と人との出会いに満ちているかが分かる図ですね。

 

生徒諸君、人との出会いを大切に!

 

では。

 

 

 

Oh、、、写真でボケてのお題出すのを忘れていました。乾先生、お手隙の際によろしくお願いします。

 

 

f:id:kenbunjuku:20170828223805j:plain