あいすたべたい

 

暑さに耐えに耐え

汗をかきまくまくまくまくったあと

水シャワーを浴びるのが好き

 

こんばんは、大村です。

暑い日が続いていますね。

人工的な涼しさがあまり好きでないので

私はこのように身体をひやして夏を楽しんでいるわけですが

皆様は、夏にしかできない楽しみ、何かしているでしょうか。

友人は、

「ガンガンに冷えた部屋で毛布にくるまって寝るのが好き」

と言っておりました。

皆様の夏だけの楽しみ

コメントにてお待ちしております。

 

さて

突然の宿題が課されました。

セミの羽化の写真。

このギャグを知っているのと知らないのとで

世代の違いが分かりそうな気がします。

 

 

f:id:kenbunjuku:20170724213711p:plain

 

 

・・・お疲れ様でした。

 

 

仲田先生、

よろしくお願いします。

 

f:id:kenbunjuku:20170724214023j:plain

好きな季節は夏です。

こんにちは、数学科主任から突撃隊長に昇任?しました徳野です。

しばらくブログをさぼるとこれですよ。

急に企画がはじまって、とりあえず徳野で試してみようぜという流れ。しかも、写真でボケさせるという容赦のなさ、、、。

しかし僕はやりますよ!突撃隊長に着任し、昇給したことを信じて!!!

 

さて、溝口先生から提示された写真は、鉄道むすめの石山ともかちゃんでした。

みなさん、鉄道むすめは知っていますか?

実在する鉄道会社の現場制服を着たキャラクターで、駅名などにちなんだ名前を付けられています。

やっぱり制服はいいですね。しかもこのポーズは個人的にかなり評価できます。後ずさりながらも、右手では力強く何かを守ろうとしています。

f:id:kenbunjuku:20170722170744j:plain

溝口先生、徳野はやさしさに飢えていますよー!

 

ということで、写真でボケて第一号はこうなりました。

僕は割と楽しく遊ばせてもらいましたが、これで読者のみなさんに楽しんでもらえるのか、、、。

まあ、一回目ですしね!次回に乞うご期待ということで!リレーでも第2走者がエースですしね!

そこで次回は、建文塾のエースであり、石山ともかちゃんのように優しさと力強さを兼ね備えた、大村枝里先生にお願いしたいと思います。

写真は夏にぴったりなこの一枚。

f:id:kenbunjuku:20170722172718j:plain

生徒諸君にも、セミのようにこの夏で一皮むけて欲しいですね。

 

今日はこのへんで失礼します。それではまた。

夏期講習スタート!!

こんにちは,溝口です。

まずはHP更新のお知らせです。新しい先生を2人,「講師紹介」に掲載しました。どうぞよろしくお願いします。

 

また本日より夏期講習がスタートしました。

お盆休み (8月11日~15日) を挟んで,8月26日 (土) まで続きます。これからますます暑い日が続きますが,講師一同指導に全力を尽くします。

 

 

さらに夏期講習中は講師も指導で忙しく,つい心のゆとりを忘れがちなので新企画を用意しました。

 

その名も「写真でボケて!!

ルールは,前日に誰かのアップした写真に次の指名された先生がボケるだけ。

(講師のみなさまは,ブログ上で突然指名されます。あと書いた先生はグループラインで更新したことを他の先生方に連絡してください。)

とりあえず1回目は,うちの突撃隊長の徳野先生がボケてくれるということで楽しみに待ちましょう。

f:id:kenbunjuku:20170721182911j:plain

毎年毎年,講師のセンスを試す企画をやめなさいという声もありますが,自己満足ということで生ぬるい目でご覧ください。

 

ではでは。

 

2017年避暑地候補

こんにちは。


建文塾英語科の徳山です。


ここ1週間は夏の暑さにバテ気味です。なぜこんなに暑いのでしょうか?


僕は小中高と野球をやっていたので、暑さには耐性があると思っていましたが、やはり歳を重ねるにつれてその耐性が薄まってきた感じがあります。


なんとかこの暑さから逃れようと、現在避暑地を探しているのですが、なかなか決まらない。


避暑地を調べてみたら、日本には三大避暑地というものがあるみたいです。その中でも軽井沢は特に有名ですね。


でもいっそのことなら、海外へと出向いてみたい僕は避暑地候補となる国を色々と調べました。


一つ目はオーストラリアです。南半球なので、もちろん現在は冬のような気候です。今日7月20日のシドニーは15℃あたりのようです。逆に寒過ぎます。


二つ目は韓国。あれ、韓国って日本から近いし暑そうじゃない?と思った皆さん、韓国は確かに暑いですが、日本のようなジメジメとした暑さではないそうです(韓国人の友達の情報)


三つ目はフランスです。現在のフランスの気温は20℃あたり。雨が多そうですが、これくらいの気温が一番良さそうですね。


この三つの国の候補のうちから、避暑地を決定したいと思います。


あ、でも問題が一点。


海外に行けるほど、まとまった休みが取れない…


やっぱり日本に落ち着いてしまう、徳山なのでした。笑


お知らせです。


建文塾では、夏期講習がスタートしています。


学校の夏休みの課題と並行して、夏期講習用のテキストを完璧に仕上げ、2学期中間テストのために万全の準備をするのが目標です。


夏の暑さに負けないくらいの情熱を持って、僕たちと頑張っていきましょう!







夏真っ盛り

こんにちは,溝口です。

前回徳野先生がブログを書いてから1か月が過ぎようとしています。どうにも習慣的にブログを続けることが出来ない講師陣です。

 

さてさて徳野先生が書いていた夏期講習のテキストが出来上がりました。

写真ではあまりクオリティーが伝わりませんが,自作にしてはなかなか良く出来たのではないかと思います。

f:id:kenbunjuku:20170712222507j:plain

 

ページの校正を考えたり,誤字脱字を探したりといろいろ修正点が多く,一回原稿が出来上がってから,2週間ほど修正に時間がかかりました。

1冊仕上げるのは本当に大変でオリジナルでテキストを作っている塾はすごいなと実感できたこの1か月でした。

 

と,いうわけで夏期講習頑張りましょう!!

 

さて余談ですが,さっきブログのアクセス見たらちょうど合計50,000アクセスをカウントしていました。ブログを始めておおよそ1年。皆さまご愛読ありがとうございます。

 

今後ともよろしくお願いします。

f:id:kenbunjuku:20170712224201j:plain

 

 

ポケモンGOは半年でやめました。

こんにちは、徳野です。

梅雨入りしたのにあまり雨が降りませんね。

鴨川を見ると水位がだいぶ低くなっていました。僕は雨が嫌いなので嬉しいですが、カエルやカタツムリは皮膚が乾いてつらいのかなぁなんて思う6月も中旬。今日はみなさんにあるものを紹介しようと思っています。

 

前回お話ししたように、建文塾は今年も夏期講習を実施します。

今年は、講習用のテキストを用いて勉強してもらうのですが、小学生用のテキストは我々講師が自作しました。

そして、その社会を担当してくれたのが新しい先生の高橋先生です。この春から建文塾を手伝ってくれています。

 

高橋先生は群馬県出身で、白いポロシャツが似合う、焼き肉が大好きな先生です。僕は一度だけお会いしたことがあり、とてもまじめで優しそうだなと感じました。

その高橋先生に教えてもらったのが「上毛かるた」です。

群馬県民は小さい頃より上毛かるたで遊んでいて、群馬県民はみんな、全ての読み札を暗記しているとのことでした。

札には、群馬にゆかりのある人物や、地理、風物が読み込まれているそうです。なるほど、それで上毛なんですね。上毛とは群馬の古い呼び方です。ちなみに群馬と栃木を結ぶ電車の路線名は両毛線といいます。ならば栃木の古称は下毛か!と思った皆さんは残念でした。そうは呼ばずに下野(しもつけ)と呼びます。群馬は上野(かみつけ、こうずけ)とも呼びますね。

さらに、上毛かるたには県大会もあり、子ども達は大会に向けて冬休みなんかに練習するそうです。百人一首みたいですね。

 

しかし、群馬県民はみんな暗記してるなんて信じられませんよね?

そこで、高橋先生にいくつか問題を出してみました。「つ」の札は何でしょう?というようにです。結果は全問正解、、、まじか。(つ:つる舞う形の群馬県

そういえば僕が所属する研究室にも群馬出身がいる!彼にも問題を出してみました。

彼はまるで故郷を思い出すように答えてくれました。結果はまたしても全問正解。

群馬県民おそるべしというデータが得られました。

彼によると、群馬県民にはそれぞれお気に入りの札があるらしく、かるた大会ではその札は何が何でも死守するらしいです。笑

ちなみに彼のフェイバリットカードは、「と:利根は坂東一の川」。中々渋い札ですが、みなさんも覚えておいてあげてください。彼の生真面目な性格がみえるフェイバリットカードでおもしろかった!

 

さらに、群馬県民なら京阪の三条駅にでると一際目立つ人がひとりいますよね。

御所を向いて土下座をしている銅像高山彦九郎さんです。

こんなに見事な土下座をしているなら、もちろん上毛かるたに読み込まれているだろうと調べてみると、ありました!

「と:土下座のフォームは高山彦九郎

悪ふざけをしていると、研究室仲間の彼にフェイバリットカードを汚すなと怒られてしまいました。笑

 楽しかったので自作のかるたをつくってみたいなあと調べてみると、上毛かるたのような郷土かるたと呼ばれるものは全国にたくさんあるようでした。

いつかは「建文塾かるた」をつくって、全国にその名を轟かせたいものです。

 

そんな上毛かるたですが、なんと今ではアプリにもなっているそうです。

その名も「上毛かるたGO」、、、。

ポケモンGOにちなんだのですね。笑

なんか群馬に遊びに行きたくなってきました!

 

 群馬には一度も訪れたことはありません、

上毛かるたマスターに俺はなる!徳野でした。

I gave 梅雨 to you.

こんばんは、徳野です。

大変ご無沙汰いたしました。約2か月?ぶりのブログ更新となってしまいました。

なぜこんなにも更新が滞ってしまったかといいますと、講師陣がそれぞれに忙しかったことが大きな理由です。書くネタが思いつかないなんてのは、本当に小さな理由でした。ほんとうに。

 

僕についてだけ何がそんなに忙しかったかといいますと、

①大学院での研究で忙しい

うまくいっていないんです。というのも、実験で得たデータをよく考えてみると、僕が欲しいデータは今の実験方法では得られない可能性が出てきたのです。

では、実験方法を改善しようとなるのですが、そうすると作業が難しくなりすぎて、今の設備では現実的ではありません。いまだ解決策は見あたらず、、、。

 

②就職活動で忙しい

僕はいくつかの企業の選考を3月下旬から受けていました。

自由応募のところと大学推薦を利用するところもありました。僕は悩んだ末に、大学推薦を利用することに決め、6月2日に内々定をいただきました。

面接のために本社のある東京に2度ほど出かけました。往復の新幹線代として交通費をもらえたのですが、ここはチャンスと帰りは夜行バスに乗って1万円ほどGET!(笑)

その浮いたお金で夜行バスを待つ時間には明治神宮球場にプロ野球観戦をしに行きました。たのしかった!1人じゃなかったらもっとたのしかった!!

 

③教材づくりで忙しい

建文塾の講師陣は今、夏期講習で使う教材づくりに追われています。

ある人は国語、またある人は社会、、、というようにです。

僕は小学生の算数を担当しています。

計算問題ではランダムに数字が変わるようなデータをつくりました。図形をパソコンできれいに描いてプリントできるように試行錯誤しました。溝口先生の要望に沿って、オリジナル問題を考案しました。

以上のようにとても忙しかったのですが、もう完成は目の前といったところですし、頑張ったアピールもここでしっかりできたので僕の努力はこの瞬間に報われました。

 

④宣伝で忙しい

ここでいう宣伝はもちろんのこと我ら建文塾の宣伝です。特に大阪校の。

みなさん大阪校のことはご存知ですよね?

昨年の秋に、主に大学受験をお手伝いしようと満を持して大阪玉造でスタートしました。

「やればできるはずやねんけどな~」

「進学校に入ったけど、入ってから勉強しなかったせいで今やばい」

「英語今まで雰囲気で解いてたけどもう限界」

「この公式使えば問題解けるのは分かるけど、公式の成り立ちとかまで深く知りたい」

みたいな生徒諸君には建文塾大阪校がぴったりだと思います。

なのに中々生徒が集まらないんですよこれが。教室はすごくきれいだし、駅から近いし、大阪校をまとめる徳山先生はグレイトティーチャーなのにです。

この非常事態に僕が名乗りを上げました。

一つは、ホームページを活用しようとしました。食べログやグルナビのように、塾に関してもまとめサイトがいくつかあります。そこに建文塾もデータを乗せることにしました。どのサイトに乗せるかは近日公開です。

もう一つは、のぼりをつくりました。のぼりとは、店頭によくたっている旗のことです。先ほども言いましたが、大阪校はとても便利なところにあるのです。しかし、ビルの3階であるため、もしかすると見つけにくいかもしれないという懸念は開校当時からありました。そこで、ビルの入り口付近にのぼりをたてることにしました。僕と助っ人のBさんがデザインした、完全オリジナルのぼりが風にたなびく光景が待ち遠しいです。すでに発注済みなので、これも近日公開です。

 

①と②は私事で恐縮ですが、③と④は頑張ったのでほめて欲しいものです。塾長においしいご飯でもおごってもらうことにします。

その塾長ですが、昨日から日本を発ち、大陸へ修行の旅に出ました。帰ってきたスーパー塾長に乞うご期待です。

最後になりましたが、建文塾には新たに数名の講師が加わりました。ここ1~2か月の多忙を乗り切れたのも彼らのおかげかもしれません。

今後は彼らがブログでも活躍してくれるのを楽しみにしています。